岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|最終日S級決勝

高松宮記念杯競輪2019特設

2019年6月13日(木)~6月16日(日)岸和田競輪場で行われるG1高松宮記念杯競輪、最終日S級決勝の予想です。

出走表とライン

190616岸和田

2新田と6渡邉は福島コンビで連携、3清水と9小倉は西日本ライン、5平原と8木暮は関東2車で、南関小原は単騎を選択、パートナーのなかった1脇本と7中川が即席ラインで連携して4分戦となりました。

展開は

今場所は逃げがほとんど決まらない差しバンクで、徹底先行型が軒並み準決勝までとなってしまいました。けん制し合ったスローも考えられますが、逃げるには3清水と観ました。ココが唯一マーク屋がついたラインらしい連携で一発候補です。

マクリ1番手は5平原。準決勝は8番手発進の厳しい展開をライン決着に持ち込み好調維持です。2番手が2新田。昨日は捲くった坂本を上から捲くっての2着でコチラも好調キープです。ちょっと読めないのが1脇本。昨日は早めに動いたのが功奏し、結果的に別戦でしたが中川が番手にすっぽり収まる好展開でした。ココが逃げる展開も考えられます。

買い目

2車複 39 12 26

3連複 139 239 137 126

3連単 139 239 126

まとめ

東西に分かれて行われた高松宮記念杯競輪も最終日となり、改修工事に入る岸和田競輪場ともしばらくお別れです。準決勝組が2位×4+1の番組編成で、好調だった福島勢は通常なら3車連携のところが2車になりました。この辺りは醍醐味でもありますが、全車無事完走の好レースを期待します。

 

以上、岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|最終日S級決勝編を終わりたいと思います。

最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です