岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|3日S級準決勝

高松宮記念杯競輪2019特設

2019年6月13日(木)~6月16日(日)岸和田競輪場で行われるG1高松宮記念杯競輪、3日目S級準決勝の予想です。

出走表とライン

190615岸和田

9R西

近畿、愛知、岐阜が2車で、中四国が3車連携でライン最長の4分戦となりました。

10R東

関東は2車ずつの別戦を選択し、栃木の神山コンビは2新山を目標にジカ付け。その新山は
福島2車との連携でライン最長で、関東2車が連携した3分戦の様相です。

11R西

近畿は引き続き5脇本と2南で今日は2車。東海は三重の2車が別戦を選択し、九州3車がライン最長の4分戦となりました。

12R東

南関4車は別戦を選択し、6志村は7渡邉の後ろにつけてココが3車。北日本2車に5芦澤が合流してココも3車で、2諸橋は決めずの3分戦となりました。

展開は

9R西

予選からコマを進めてきた3深谷の逃げは濃厚。バックを踏んだ際の成績は抜けており、ココは変な小細工なしでしょう。捲くり1番手は5清水。ライン最長を活かして出切れればライン決着まで……。

10R東

マクリ型が揃いましたが、2新山は後ろがジカ付けなら逃げそうですね。マクリ1番手は1平原。初日は落車のアクシデントも予選からコマを進めてきました。あんまり早い仕掛けだと外を回ることになるので、どこまで辛抱できるか……。

11R西

逃げるのは6竹内。3金子が番手の際はこの作戦が一番有効でしょう。マクリ1番手は1中川。ココもライン3車で、出切れば九州トリオ決着まで……。

12R東
展開的にはココが一番難しいと思います。4坂本はマクリ型ですが、番手3新田との連携を考えれば逃げる可能性は高いとみました。5芦澤がどこで切り替えるか?マクリ1番手は8近藤でコチラもライン3車ですが、6志村の切り替えはタイミング一つ。2諸橋も決めずで、ココは乱戦になりそうです。

買い目

9R

2車複 59 13

3連複 134 137 359

3連単 317

10R

2車複 12 13

3連複 129 139

3連単 192

11R

2車複 35 15(的中7.3倍)

3連複 235 137 125

3連単 532

12R

2車複 19 34

3連複 139(的中11.3倍) 378

3連単 391

まとめ

大波乱が続いた3日目で、準決勝メンバーにも若干影響がありました。逃げが中々決まらない差しバンクですが、やはりと言うか自力型はそれなりに成績を残してきた印象です。雨の影響がどこまで?の準決勝も楽しみです。

 

以上、岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|3日S級準決勝編を終わりたいと思います。

最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です