岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|2日S級白虎賞、青龍賞

高松宮記念杯競輪2019特設

2019年6月13日(木)~6月16日(日)岸和田競輪場で行われるG1高松宮記念杯競輪、2日目S級白虎賞(11R)、青龍賞(12R)の予想です。

出走表とライン

190614岸和田

11R 白虎賞

昨日は見事ラインワンスリー決着だった近畿は9脇本と1三谷は同じで、3番手に予選から勝ち上がりの5南を加えた3車で強力。その2着に割って入った7清水に4着だった2中川と予選組の4井上で西日本ライン。東海3車が連携した3分戦となりました。

12R 青龍賞

東北は昨日前を引っ張った5新山が別戦で同県8坂本との連携。福島は9新田が前になり7渡邉が合流し2佐藤が昨日同様3番手回り。関東と南関がそれぞれ2車の連携で4分戦となりました。

展開は

白虎賞

捲くり型が集いましたが6不破の逃げは脅威です。バックを踏めばほぼほぼ車券に絡んでおり、相手は強いですが侮れません。捲くり1番手は当然9脇本。引き続き好調維持で、ラインも強力!近走好調の7清水まで……。

青龍賞

ここも捲くり型集結の一戦ですが、今日も5新山の逃げに期待です。昨日はジャン前には先頭に立って強い内容でライン決着に持ち込みました。けん制し合うようなスローなら尚更向きそうです。9新田は昨日の“お礼”?で譲るかなぁって思ってますが、それなら捲くりにいくのか差しにいくのか?

買い目

白虎賞

2車複BOX 679 

3連複BOX 1679

3連単 976

青龍賞

2車複 59

3連複 579 159

3連単 597

まとめ

このメンバーは明日の準決勝進出が決定済みのドリーム戦になります。これが初日だと安全運転のレースが多いんですが、若干波乱含みだったのも含め、かなりヒートアップしており、緩める選手はなさそうです。熱い闘いに期待します。

 

以上、岸和田競輪場【G1高松宮記念杯2019】予想|2日S級白虎賞、青龍賞編を終わりたいと思います。

最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です