弥彦競輪場【日本トーター賞】予想|2日目A級準決勝

弥彦競輪場

2019年6月9日(日)~6月11日(火)弥彦競輪場で行われる日本トーター賞、2日目A級準決勝(10R)の予想です。

出走表とライン

190610弥彦10R

関東2車に南関2車が合流した4車が連携でライン最長、1遠藤と7佐藤は別戦を選択し、北日本が3車で3分戦となりました。

展開は

逃げるのは1遠藤。この選手はバックを踏んでこそですが、昨日はそのバックまでに脚を使わされる苦しい展開を粘った3着は好内容でした。捲くり1番手は4中村。昨日は乱戦気味になった7番手発進でも慌てず、ラインワンツーに持ってきた辺りはお見事でした。3伊藤と5長井は切り替えの可能性があり要注意です。

買い目

2車複 17

3連複 127 137 129

3連単 731

まとめ

昨日は万車券3本に対し、3連単3桁配当が4本連続で出たりで、中々難しい1日でした。完全に差しバンクになってますが、逃げも2着には残っており、当日の流れは重要視したい2日目です。

 

以上、弥彦競輪場【日本トーター賞】予想|2日目A級準決勝編を終わりたいと思います。

最後までご覧いただきましてまことにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です